Monthly Archives: 7月 2015

本末転倒?web制作を製作会社へ依頼する時の注意点

webマーケティングは安い

マーケティングを行い、自社の商品を売ったり、サービスを宣伝する時に気をつけなければならないのは予算です。予算を上限なく使って良いならば、宣伝活動は簡単ですし、売上を伸ばすことも可能だと言えます。しかし、現実的には予算は限られていて、その範囲内で効果的な宣伝をする必要があります。そんな時に、お勧めなのがweb上でマーケティングを行うことです。限られた予算でも、見込み客となる人にターゲットを絞って宣伝をすることができるので、魅力のある業界と言えます。

web製作会社への依頼と注意点

web上での宣伝活動を行うときに必要となるのが、ホームページなどのweb上の宣伝ツールです。かっこいいデザインで、本格的なものにしたいとなれば、当然のことながらweb制作会社へ依頼することになります。ただ、注意すべきなのが、web制作会社への仕事の依頼は、時として莫大な費用がかかることになるということです。ホームページを作ってもらうだけですから、最初だけ費用がかかると思うかもしれませんが、実際にはそれだけでは終わりません。

web制作会社の選び方と費用のかけ方

例えば、ホームページを作って宣伝活動を行う時には、その時だけではなく情報を更新して行く必要があります。新商品が出ればその紹介をすることになるでしょうし、売上が伸びないのであれば、デザインのリニューアルも必要になるでしょう。それらの更新作業を、その都度製作会社へ依頼をしていると、結構な費用になってしまうわけです。製作会社を使うこと自体が悪いというわけではなく、依頼をする時に更新作業も含めてかかる費用を考えて置く必要があるということです。更新の度にお金がかかる製作会社を使うのか、一定の月額料金を払いお世話になるのか、製作会社の選び方が大切になってきます。

web制作の仕事に就くには、webに関する知識やスキルが必要になります。また、ITに関連した資格やスキルも必要になる場合もあります。

再び脚光を浴びる文房具!!ノートと下敷き

筆圧をはかったことありますか!?

女性なら毎日のように体重を測るという人も多いでしょうが、今までに自分の筆圧を測ったがある、あるいは自分の筆圧をしっていて文房具を選んでいますという人は少ないでしょう。万年筆のイベントなど、時に文房具のイベントをやっている会場では筆圧を測ってくれることもありますよ。普通の椅子に腰をかけて、筆圧測定器の上におかれた紙に文字を書いて測定します。万年筆とボールペンでも筆圧というのはそれぞれに違うものですが、筆圧が高ければ、手に負担がかかり、それをずっと続けているともちろん仕事の効率も下がってしまうので、自分にとって負担の軽い筆記具を織り交ぜながら使うのもポイントでしょう。

そもそも下敷きの役割とは

ノートと下敷き、これはとても当たり前の組み合わせの文房具ですよね。小学生のころは当たり前のようにつかっていたけれど、大人になって使うことはほとんどないのではないでしょうか。筆圧の話に戻ると、筆記具の中でも鉛筆は筆圧がとても高くなる傾向にあり、手の負担はもちろん、それだけの負担ですから紙面にも影響を与えます。下敷きとはそもそも紙面の条件を整える役目があり、そのおかげで、芯がめりこむこともなく、筆圧により次のページが傷まない、手への負担も軽くしてくれているものなのです。

極細ペンには下敷きがあう

鉛筆のように先が細く、なめらかな書き味の極細ボールペンが今では数多く登場していますので、先端が細いということは鉛筆と同様ですから筆圧が高くなる傾向にあるということです。確かに、極細ボールペンだと次のページにくっきり跡がつくことがありますよね。また、筆記具での筆記は対象となる紙の種類が違うと書き味に変化が生まれます。また、1枚の紙にかくのと、何枚も重ねた紙の一番上の紙に書くのでは書き味がちがいますよね。ノートのように最初から用紙が積層している場合、下敷きはよい調整役になってくれるでしょう。また、自分の使っているノートサイズにぴったりの下敷きをみつけるとさらに心地よく使うことができますよ。

アスクルは家庭や職場で使われるほぼ全ての日用品(文具類)を扱っていますので、定期購入契約をしている事業所も多くあります。

風評被害から会社を守るためにはどうする!?

風評被害は、誹謗中傷されていることをいいます

風評被害とは、マイナスなイメージをわざと与えることです。風評被害に遭う方は、企業や食品関連、個人に対してと、被害に遭っている方は沢山います。掲示板やSNSなど、書き込んだ個人を特定することもなく、誰でも見れる状態で、事実でないことを書き込まれます。不特定多数の閲覧者がマイナスになる書き込みを見ることで、企業や本人を悪く見せることが目的です。口コミでお客の集客率が変動する飲食店では、風評被害に遭うことでお客さんが来店してくれず、閉店せざるを得なくなります。

風評被害対策は業者に任せよう

風評被害に遭ってしまったらどうしたらいいでしょうか。風評被害対策サービスを行っている専門の業者がいるので、風評被害にあったら相談してみましょう。無数に拡散してしまって自分たちでは削除しきれない書き込みに対して、代行して削除を行ってくれます。検索エンジンを利用し、書き込みを監視してくれます。ブラック企業や、倒産するという書き込みは、これから融資や取引を行っていく上で、大きな障害になります。また、ブラック企業と書かれることで、新入社員が見込めなくなります。

風評被害を受けている事に早く気がつくことがポイント

風評被害対策は、自己で行うにはとても困難な作業です。また、書き込みだけでは犯人を特定することは難しいものです。書き込みをした本人は、悪気もなく書き込んでいる場合が多いです。風評被害対策の業者に依頼して犯人が特定さることもあります。その中には、ストレスや妬みで書き込んでしまった同じ会社の人間もいます。悪徳業者を利用して書き込みを行う方もいます。そして、誹謗中傷を書かれた会社のイメージを戻すことは容易ではありません。できるだけ被害が拡散する前に、早めに専門の業者に依頼して、書き込みを削除してもらいましょう。

誹謗中傷対策とは、ネット上で名誉を毀損された場合に行う対策で、書き込みを見つけたら管理者に削除依頼を出して対処します。

1 2 3 5