管理職の研修において必要とされるポイント

研修の目的は自覚を促すこと

良い管理職となるための研修には、かなりの難しさが伴います。その最大の理由は、管理職に必要なのが結局のところは自覚であり、本人が意識して改善しようという気持ちにならない限り、研修を通じて知識だけいくら吸収してもあまり意味がないからです。自分の役割が何なのかを知ることや、組織の目的やビジョンを研修で理解するだけでは不足しています。板ばさみになる管理職の苦しみを自覚し、メンバーの良さを引き出してリーダーシップを発揮しなければならないのです。

心理的な駆け引きを学ぶ研修

管理職が研修で学ぶテクニックのひとつに、部下の褒め方や叱り方というものがあります。これは心理的な駆け引きでもあります。どちらも必要ですが、叱り方を間違えると恨まれるだけで終わったり、褒め方を間違えるとえこひいきのように思われたり、心理的な作用によってトラブルの原因にもなりかねないからです。最大のポイントは論理的であることです。感情的になっている状態では褒めても叱っても、相手の心には届かないことを研修で学ぶのです。

聞き上手になるための研修

例えば部下が仕事の失敗やミスをしても、その原因や過程をきちんと聞き取って、努力した分にはそれ相応の褒め方をしてあげるなどのフォローの方法も研修で学ぶことができます。こういった管理職の研修は教師を育てることにも通じています。これを知らないと部下を減点法でしか測れなくなって、部下に恨まれるだけの上司になってしまいかねません。ですから管理職の研修は、マネジメントだけでなく自分自身の身を守るのにも必要な知識といえるのです。

社員研修をする事によって社員のスキルアップを目指す事が出来ますので、教育をする機会として非常に重要です。