突然パソコンが壊れても慌てない!とっさのデータリカバリー術

パソコンが壊れたら、真っ先にすべきこと

ある日突然パソコンが壊れてしまったら、みなさん冷静に対処できる自信はあるでしょうか?普段からパソコンを使い慣れていても前触れもなくパソコンが動かなくなったら焦ってしまうものです。パソコン自体は買い替えることができますが、ハードディスクに記録された大切なデータはお金でも買えないので、パソコンが壊れたら真っ先にデータを守ることに努めましょう。パソコンが起動しなくなる原因は、OSが入ったシステムドライブが壊れたことが原因なことがほとんどで、システムドライブ以外のハードディスクは被害を受けていない場合が多いのです。そのため、パソコンが起動しない時は無理に電源を投入せずに、データの詰まったハードディスクのケーブルを抜いてやることが最優先事項です。

データが壊れていた場合の対処法

システムドライブ以外のハードディスクのデータが破損・消失していた場合は、リカバリーソフトで対処します。リカバリーソフトとは、ハードディスクに記録されたファイル情報や磁気を読み取り、パソコンが壊れる前の状態にデータを復元するソフトです。リカバリーソフトをインストールしたら、ハードディスクをスキャンします。スキャンが終了するとハードディスクから検出されたファイルが一覧表示されます。リカバリーしたいファイルを選択して他のドライブにコピーすればリカバリー完了です。フリーで使えるリカバリーソフトも多く、有料のものに比べ性能も引けをとらないので積極的に使いましょう。

リカバリーソフトで対処できない時には

ハードディスクが物理的に壊れてリカバリーソフトが使えない場合は、データ復元を専門に行なっている業者に依頼しましょう。ハードディスクは精密機械のため、素人が開封して修復するのは不可能です。データ復元を専門に請け負っている業者は、埃をシャットアウトするクリーンルームを持っていて、熟練の技術者がハードディスクの修復にあたっています。安価でデータが復元できるか調べてくれ、データが復元できなければ修理代金無料としている業者も多いので気軽に診断してもらいましょう。

パソコンの修理には、パソコンに関するある程度の知識が必要となります。そのため、自信がない人は自分で行わずに、専門の業者に頼むのが良いでしょう。