風評被害から会社を守るためにはどうする!?

風評被害は、誹謗中傷されていることをいいます

風評被害とは、マイナスなイメージをわざと与えることです。風評被害に遭う方は、企業や食品関連、個人に対してと、被害に遭っている方は沢山います。掲示板やSNSなど、書き込んだ個人を特定することもなく、誰でも見れる状態で、事実でないことを書き込まれます。不特定多数の閲覧者がマイナスになる書き込みを見ることで、企業や本人を悪く見せることが目的です。口コミでお客の集客率が変動する飲食店では、風評被害に遭うことでお客さんが来店してくれず、閉店せざるを得なくなります。

風評被害対策は業者に任せよう

風評被害に遭ってしまったらどうしたらいいでしょうか。風評被害対策サービスを行っている専門の業者がいるので、風評被害にあったら相談してみましょう。無数に拡散してしまって自分たちでは削除しきれない書き込みに対して、代行して削除を行ってくれます。検索エンジンを利用し、書き込みを監視してくれます。ブラック企業や、倒産するという書き込みは、これから融資や取引を行っていく上で、大きな障害になります。また、ブラック企業と書かれることで、新入社員が見込めなくなります。

風評被害を受けている事に早く気がつくことがポイント

風評被害対策は、自己で行うにはとても困難な作業です。また、書き込みだけでは犯人を特定することは難しいものです。書き込みをした本人は、悪気もなく書き込んでいる場合が多いです。風評被害対策の業者に依頼して犯人が特定さることもあります。その中には、ストレスや妬みで書き込んでしまった同じ会社の人間もいます。悪徳業者を利用して書き込みを行う方もいます。そして、誹謗中傷を書かれた会社のイメージを戻すことは容易ではありません。できるだけ被害が拡散する前に、早めに専門の業者に依頼して、書き込みを削除してもらいましょう。

誹謗中傷対策とは、ネット上で名誉を毀損された場合に行う対策で、書き込みを見つけたら管理者に削除依頼を出して対処します。