Monthly Archives: 7月 2015

ecサイトを利用する時の注意点!クレジットカードの情報について

情報漏えいを起こしてしまう可能性

ecサイトは凄く便利なサイトで、現在も多くの方が利用しています。その中でも支払い方法の一つとして、クレジットカードを選択している方もたくさんいるんですよね。ここで注意しないといけないのが、クレジットカードの番号が漏えいしてしまう事が認知しないといけないです。信頼性が著しく低いecサイトの場合には、深刻な事態になるので回避した方が安全です。最近ではecサイトに装って、クレジットカードの番号を盗もうとしているサイトも存在しています。

信頼できるecサイトを選択する事が最優先

当たり前のことでもあるのですが、信頼できるecサイトもたくさんあるので、そのようなサイトを選択してもらいたいです。そうすればクレジットカードで支払いをする事になっても、安全に使用する事が可能です。クレジットカードを悪用されてしまうと、多額な損失を生み出す原因にもなるんですよね。そのような状況を作り出さない為にも、ecサイトも見極めが大切です。個人情報の取り扱いが徹底的にされているecサイトは更に信頼性が高いです。

ecサイト側もクレジットカード払いに工夫

なりすましや悪用などの被害を防ぐ為に、ecサイト側もあらゆる対策を行っています。本人しか使用する事ができないように、工夫がされていたり、最悪の事態を引き起こさないように本人確認をさせるなどたくさんの対策が実施されていますよ。その為有名なecサイトはもちろんの事、新しく誕生したecサイトに関しても安心して利用できる事がほとんどですね。ただし念には念を入れて、警戒して利用する事は必要不可欠なことにもなっていますよ。

ecサイトとは電子商取引サイトを意味し、インターネット上で個人が企業商品を販売します。ecサイト構築の仕方は開発企業の委託から本サイトの作成、運用、保守方法の検討までの一連の順序があります。

突然パソコンが壊れても慌てない!とっさのデータリカバリー術

パソコンが壊れたら、真っ先にすべきこと

ある日突然パソコンが壊れてしまったら、みなさん冷静に対処できる自信はあるでしょうか?普段からパソコンを使い慣れていても前触れもなくパソコンが動かなくなったら焦ってしまうものです。パソコン自体は買い替えることができますが、ハードディスクに記録された大切なデータはお金でも買えないので、パソコンが壊れたら真っ先にデータを守ることに努めましょう。パソコンが起動しなくなる原因は、OSが入ったシステムドライブが壊れたことが原因なことがほとんどで、システムドライブ以外のハードディスクは被害を受けていない場合が多いのです。そのため、パソコンが起動しない時は無理に電源を投入せずに、データの詰まったハードディスクのケーブルを抜いてやることが最優先事項です。

データが壊れていた場合の対処法

システムドライブ以外のハードディスクのデータが破損・消失していた場合は、リカバリーソフトで対処します。リカバリーソフトとは、ハードディスクに記録されたファイル情報や磁気を読み取り、パソコンが壊れる前の状態にデータを復元するソフトです。リカバリーソフトをインストールしたら、ハードディスクをスキャンします。スキャンが終了するとハードディスクから検出されたファイルが一覧表示されます。リカバリーしたいファイルを選択して他のドライブにコピーすればリカバリー完了です。フリーで使えるリカバリーソフトも多く、有料のものに比べ性能も引けをとらないので積極的に使いましょう。

リカバリーソフトで対処できない時には

ハードディスクが物理的に壊れてリカバリーソフトが使えない場合は、データ復元を専門に行なっている業者に依頼しましょう。ハードディスクは精密機械のため、素人が開封して修復するのは不可能です。データ復元を専門に請け負っている業者は、埃をシャットアウトするクリーンルームを持っていて、熟練の技術者がハードディスクの修復にあたっています。安価でデータが復元できるか調べてくれ、データが復元できなければ修理代金無料としている業者も多いので気軽に診断してもらいましょう。

パソコンの修理には、パソコンに関するある程度の知識が必要となります。そのため、自信がない人は自分で行わずに、専門の業者に頼むのが良いでしょう。

はじめての一人暮らしに役立つ!部屋探しの流れ

まずは、家賃の基準を考えよう!

部屋を探すと言っても、まずは部屋を借りるために必要な予算や、毎月かかる家賃などのことを考える必要があります。予算を考える上で一つの大きな目安になるのが「家賃は収入の3分の1以内」というもので、その割合に合った家賃なら無理なく生活ができるという基準としてよく知られています。たとえば15万円の手取り収入がある場合は5万円以内の家賃が適当だということになります。さらに敷金や礼金といった初期費用については、家賃の6ヶ月分が相場だと言われています。まずは自分の収入や生活スタイルに合った家賃を知ることが重要だと言えるでしょう。

住みたいエリアを決め、物件探しをしよう!

家賃の基準を決めたあとは、どのエリアに住むかを決めましょう。勤務先や学校に近い場所のほうが通勤・通学に便利ですが、家賃の相場によっては、多少離れた地域のほうが家賃を節約できるなどのメリットもあります。一般的に市街地は家賃が高くなり、郊外へ行くと安くなる傾向があることを知っておくと便利でしょう。部屋は不動産雑誌やウェブサイトから探すことができますが、必ず物件の下見をすることをお勧めします。なぜなら、契約した後に物件の不備や不満な点が見つかっても、簡単に解約することはできないからです。

いざ契約するときに行われる、重要事項説明とは?

住みたい部屋が決まって申し込みをしたら、最後に不動産会社と契約を行います。契約の当日は、重要事項説明が行われたあと、そのまま契約という流れになります。この重要事項説明とは、建物の構造・設備に関することや、中途解約・敷金清算方法に関するもので、納得がいかなければ契約しないということも当然できます。また重要事項説明については、申し込みをする前に説明を受けることも可能です。いずれにしても、十分に内容を検討した上で契約することが望ましいと言えるでしょう。

賃貸物件をたくさん持っているかたは複数運用するために賃貸管理システムを導入して業務を簡単なものにしましょう。

1 2 3 4 5