Monthly Archives: 7月 2015

ウェブ制作には欠かせない!3つのプログラミング言語

ホームページの基本となるHTML

ウェブ制作とは、つまりホームページを作って公開することです。それを作るのにはプログラミングの知識が必要になるでしょう。まずはHTMLについて学んでいくことが重要です。ホームページを見ると、見出しがあったり、表や入力するためのフォームなどがあったりしますよね。つまり、それらを構成するための言語なのです。文書ではタグを使用して記述します。例えば、見出しを書くときにはh1タグを使い、これよりも少し小さい見出しを書く場合はh2タグを使います。箇条書きを書く場合は、まずulタグを書き、そのなかにliタグを複数使用して内容を書いていきます。他にもさまざまなタグがありますが、まずは実際に文書を記述してみましょう。

文書の装飾に使用するCSS

ホームページをHTMLだけで作成すると、非常にシンプルなものになり、何か地味に感じませんか。もっと装飾をつけようと考えれば、CSSという言語を使ってデザインをつけていきます。CSSで記述した文書はスタイルシートと呼ばれ、ホームページにデザインを入れるのに重要な役割を果たします。{}を使って記述し、その前にはHTMLタグの要素を、{}の中には色や大きさなど指定する要素を書きます。例えば、h1{color:red;}と記述した場合、h1タグ内の文字が赤色になります。実際に、作成したホームページ内の要素で、色や文字の大きさが変わるかどうかを試してみましょう。

HTMLとCSSができたら、ぜひ挑戦してほしい言語

HTMLとCSSができるようになったら、より高度な技術に挑戦してみましょう。今まで作成したホームページを、動きのあるものにしてみませんか。その動きをつけるためには、Javascriptを使います。この言語で記述したプログラムは、HTMLとCSSを操作することができます。例えば、ページ内のボタンをクリックしたら記述されている文字の色が変わったり、小さな画像をクリックしたら大きく表示されたり、などといったことができるようになります。実際にJavascriptをやろうと思うと、結構難しいもので、動きもブラウザによって異なるところがあります。簡単に操作しようと思えば、jQueryというものもあるので、Javascriptが難しいと感じたら、一度jQueryを使ってみましょう。

コーディングとは、コンピューターのソフトウェアやホームページなどをプログラミング言語を使って記述していくことです。

1 3 4 5