Category Archives: 未分類

いろいろな効果を使ってホームページのデザインをする方法

派手すぎない自然なデザインが大事

手軽に買えて操作が簡単な画像編集ソフトを利用すると、影を簡単に描けるので立体的なデザインをスムーズに表現することが可能です。ただ、簡単にいろいろな効果を出すことができるので過剰にしすぎて不自然なデザインになってしまう可能性があります。そのため、バランスを考えてほどほどの効果を出すことを心がけることが重要です。ホームページにとって一番大事といってもいいヘッダー部分の画像に、立体感の効果をしっかり施したロゴをデザインすることが大切ですよ。

インパクトの強いデザイン

ホームページのデザインにとって大事なのがいかにインパクトの強いデザインをするかですよ。例えば、大きめの画像を使って躍動感を演出したり、背景全体にイメージ画像などをレイアウトして一部をほかしたデザインにすることで本当に強調したい内容をユーザーに分かりやすくすることができますよ。どういうレイアウトをすると、ユーザーの目がどこに行きやすいのかというユーザー心理を考えて細かいデザインをすることが大切です。

デザインのクオリティを高めよう

普段の生活でよく見かけるようなものをホームページの背景として利用することで、デザインのクオリティを高めることが可能です。たとえば、コンクリートを背景に使うと、カッコイイホームページを作れますよ。また、自分が設定したホームページのイメージとしっかり合ったデザインをチョイスすることが重要ですよ。ヘッダー部分に使ったロゴと、ナビゲーションメニューのカラーのバランスを考えることも大切ですよ。透明感のある素材を文字のバックにレイアウトすると魅力的なデザインにできますよ。

ホームページ作成にはソフトウェアを使用する事で簡単になります。単純な操作なので誰でもホームページを作成する事が出来ます。

管理職の研修において必要とされるポイント

研修の目的は自覚を促すこと

良い管理職となるための研修には、かなりの難しさが伴います。その最大の理由は、管理職に必要なのが結局のところは自覚であり、本人が意識して改善しようという気持ちにならない限り、研修を通じて知識だけいくら吸収してもあまり意味がないからです。自分の役割が何なのかを知ることや、組織の目的やビジョンを研修で理解するだけでは不足しています。板ばさみになる管理職の苦しみを自覚し、メンバーの良さを引き出してリーダーシップを発揮しなければならないのです。

心理的な駆け引きを学ぶ研修

管理職が研修で学ぶテクニックのひとつに、部下の褒め方や叱り方というものがあります。これは心理的な駆け引きでもあります。どちらも必要ですが、叱り方を間違えると恨まれるだけで終わったり、褒め方を間違えるとえこひいきのように思われたり、心理的な作用によってトラブルの原因にもなりかねないからです。最大のポイントは論理的であることです。感情的になっている状態では褒めても叱っても、相手の心には届かないことを研修で学ぶのです。

聞き上手になるための研修

例えば部下が仕事の失敗やミスをしても、その原因や過程をきちんと聞き取って、努力した分にはそれ相応の褒め方をしてあげるなどのフォローの方法も研修で学ぶことができます。こういった管理職の研修は教師を育てることにも通じています。これを知らないと部下を減点法でしか測れなくなって、部下に恨まれるだけの上司になってしまいかねません。ですから管理職の研修は、マネジメントだけでなく自分自身の身を守るのにも必要な知識といえるのです。

社員研修をする事によって社員のスキルアップを目指す事が出来ますので、教育をする機会として非常に重要です。

ウェブ制作には欠かせない!3つのプログラミング言語

ホームページの基本となるHTML

ウェブ制作とは、つまりホームページを作って公開することです。それを作るのにはプログラミングの知識が必要になるでしょう。まずはHTMLについて学んでいくことが重要です。ホームページを見ると、見出しがあったり、表や入力するためのフォームなどがあったりしますよね。つまり、それらを構成するための言語なのです。文書ではタグを使用して記述します。例えば、見出しを書くときにはh1タグを使い、これよりも少し小さい見出しを書く場合はh2タグを使います。箇条書きを書く場合は、まずulタグを書き、そのなかにliタグを複数使用して内容を書いていきます。他にもさまざまなタグがありますが、まずは実際に文書を記述してみましょう。

文書の装飾に使用するCSS

ホームページをHTMLだけで作成すると、非常にシンプルなものになり、何か地味に感じませんか。もっと装飾をつけようと考えれば、CSSという言語を使ってデザインをつけていきます。CSSで記述した文書はスタイルシートと呼ばれ、ホームページにデザインを入れるのに重要な役割を果たします。{}を使って記述し、その前にはHTMLタグの要素を、{}の中には色や大きさなど指定する要素を書きます。例えば、h1{color:red;}と記述した場合、h1タグ内の文字が赤色になります。実際に、作成したホームページ内の要素で、色や文字の大きさが変わるかどうかを試してみましょう。

HTMLとCSSができたら、ぜひ挑戦してほしい言語

HTMLとCSSができるようになったら、より高度な技術に挑戦してみましょう。今まで作成したホームページを、動きのあるものにしてみませんか。その動きをつけるためには、Javascriptを使います。この言語で記述したプログラムは、HTMLとCSSを操作することができます。例えば、ページ内のボタンをクリックしたら記述されている文字の色が変わったり、小さな画像をクリックしたら大きく表示されたり、などといったことができるようになります。実際にJavascriptをやろうと思うと、結構難しいもので、動きもブラウザによって異なるところがあります。簡単に操作しようと思えば、jQueryというものもあるので、Javascriptが難しいと感じたら、一度jQueryを使ってみましょう。

コーディングとは、コンピューターのソフトウェアやホームページなどをプログラミング言語を使って記述していくことです。

1 3 4 5